2017/05-1

今日から五月、もうすぐでGWですね。

さて、イベント月刊です。
まずはGWのイベントから。大和雪原はコミティアと文学フリマに参加します。
新刊は落としました…orz
桜花二ラバウル編の改訂作業に思いのほか時間が取られ、もう一冊は間に合いませんでした。

5月6日(土)東京コミティア い18b
5月7日(日)文学フリマ東京 C-10

文フリは2年ぶりの参加です。
文フリで初配布は、なんと「死者の日」(笑)

既刊本で在庫のあるものを持っていきます。
ラバウル編が30ページの増量…書けば書くほど増える…それでもまだ先ほど誤字を見つけましてがっかりしてしまいました。

冷たい、がウリ?の本ばかりですが(よくそう言われるので、冷たいんでしょうね)どうぞよろしくお願いいたします。
なお、双方のイベント後、予定があるため、14時過ぎには片付け始めますので、ご了承くださいませ。
posted by 神風零 at 22:05東京 ☀日記

#01 冷たい月

別の場所で、今まで出した本のアーカイブを作ろうとしたのだけれど、いまいち操作が分からないので、こちらでやることにした。
image1.JPG

「冷たい月」
オフセット/A5/P36

初めて作った同人誌です。なんで作ろうと思ったのか、今となっては分からないし、奥付に日付がないので、いつの本なのかももう覚えていないのだけれど、たぶんバイトをして初めてのお金で作った…のかなぁ、と。

桜花のマンガです。
紙とペンで書いた原稿で入稿したはずです。当時はデジタルはまだなかった…かな?
奥付に住所を書いてしまう、そんなのんびりした時代です。

このころの桜花は、読者の同情を誘う?ような作りになっていました。
主役だった純矢は、「可哀想」と思わせるような感じの美少年設定(笑)
普通の世界から逃げている、逃げられないのに逃げている、というキャラクター。中二病ってやつでしょうか(笑)だから、途中で神谷に対して揺らいじゃう。
山崎がその隙間にぐいぐい張り込んできて、純矢に足りないものを気が付かせ、助けようとする。純矢はもしかして自分はだめなのか、間違っているのかと思うのだけど、それでも…と山崎を殺そうと攻撃する際中に、空襲が…的なw

そういう桜花だったら、硫黄島編まで書いていないなと思います。

とはいえ、友達の間でしか書いていなかった桜花を、形にした初めての本でした。

posted by 神風零 at 21:17東京 ☀

2017/04

年度末年度明けはやはりどたばたですね。うっかりしていたらもうすぐ金沢文フリ、その上、5月のイベントの〆切が…!

新刊は間に合いそうにないですが、桜花2ラバウル編の改訂版を出せそうです。
項数増…だから書いても書いても終わらないわけです…。

5月のイベントはブースが確定いたしました。

5/6 東京コミティア い18b

5/7 東京文フリ C-10

2月ティアの新刊は、ご希望の方の分のみ持っていく形を取っておりますので、机上には並べません。
親切な内容ではないので、今まで私の本を読んでいる方以外には読めない仕様…(笑)

もうずっと、それこそまだ私がオンラインでしか活動していなかったころからずっと読んでくださっている方がいて、「書けるときに好きなように書いたものが一番読みたいもの」と言ってくださって、遅筆でも不親切でも、その時書きたいものを書くことにしております。
なので…特に文フリはエンタメジャンルでの参加ですが、ちっともエンタメじゃない作品ばかりで、ブースで静かに座っている予定です。
やる気ない!と叱られるかな…書くことでやる気を見せられればいいけれど、こっちすら気分屋で…。

とにかく!
ラバウル編の入稿と、ちょっとした薄い本を出せたらと思っていますので、頑張ります!(って、もう4月も一週目が終わっているという衝撃に死にそう)
posted by 神風零 at 11:56東京 ☔日記

2017/03

金沢の文フリに、委託参加いたします。
委託01

「桜花一 戦前編」と「坂の向こう」を5冊ずつ委託をする予定です。

戦前編の発行日、初版の日付なのですが、初版から10年も経っていてびっくりしました。
10年、飽きもせずに桜花を書いているのだなぁ、という自分への感心と、若干の粘着性を感じたりして(笑)ほかには何も書けないし、完結まで頑張ろう。
…なんて、完結しているといえばしているんですけどもね…桜花…最終巻の大陸編は、おまけみたいなもので。でもすべての始まりだから書きたいなぁ。

ではまた来月に。
生きて新しい年度を迎えられるか怖いですが、まぁ頑張ります。
posted by 神風零 at 15:31東京 ☀日記

2017/02 追伸

本日は、コミティアお疲れ様でした。
スタッフの皆様、ブースに来てくださった皆様、お買い上げいただきました皆様、ありがとうございました。
猛烈な睡魔に襲われたこと、家人との都合から(自分がいない時はいいけれど、いるときは夕方までには帰宅することという約束…w)、14時には撤収作業を始めました。ペーパーしかお渡しできなかった皆様、申し訳ございませんでした。

1年ぶりの直接参加でした。
新刊も無事机の下にあり、ほっとしました。
「私はこれが好き」というスタンスで原稿を書き、イベントに参加する、こういう気持ちがこんなに楽しいものだったのかと再認識することができ、とてもありがたかったです。
本の説明が雑でしたが…短編関係についてはその時の勢いで書いているので、申し訳なし。
本編シリーズも似たようなものですが、その時の気分で原稿を書いているので、計算も何もあったものじゃありません…仕事じゃないし、いいですよね(笑)

さて次回は5月の東京ティアと文学フリマ、関西ティアです。コミティア2つは、抽選が出そうな気がしますので、まだブースは確定じゃありませんが、文学フリマはブース取れているはずです。
今参加を悩んでいるのは、名古屋…どうしましょ。

ひとまず、新刊原稿がんばります。
気分なので、落ちたらすみません(今からいうの?!w)

それではまた来月に近況をば。
posted by 神風零 at 19:17東京 ☀日記