2018年05月26日

#44 (改訂2)桜花二(ラバウル編)

ラバウル編.jpg

「桜花二(ラバウル編)」
オンデマンド/2017.05.06/文庫サイズ/172ページ

日の丸表紙の初号機二号機とちょっとした訂正をしつつ、三号機。
初号機から8年、二号機から6年ほど。いつまで直してんだろう。
三号機は結構手を入れた記憶が。
純矢がしゃべりすぎているし、なんか中二病っぽい。ただでさえ存在が中二病なのに(笑)
最後、神谷がかっさらうのは、この二巻目からにして予兆がありました。

考えてみると、この新しいラバウル編は、コミティアと夏コミにしか出していないのだった。
この翌日だったはずの文学フリマには、体調不良で行けなかった。
夏コミ以降、イベントもやめてしまっているし。

でも書き直してお気に入りになった本のひとつ。
やはり純矢には人間味がない方がよい。
posted by 神風零 at 10:37| 東京 ☀| | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする