2018年03月24日

#40 軍国主義の残滓

軍国主義の残滓(登録用).jpg

「軍国主義の残滓」
オンデマンド/2015.08.14/文庫サイズ/42ページ

夏コミ新刊かな?
内容は桜花。3つの短編からなる薄い本。
この時期いろいろと世間が騒がしいから。
「どちらが正しかったのか」という視点を、メインキャラたちとは立場を異にする側から見た話しを書いてみた。

生き残った彼らが手記を書いたとして、その時山崎や杉本はどう描かれるだろうと思いながら書いていたら、悲しくなった。
だから、そこに純矢はいない方がいい。

阿部昭を読む人なら、この本をめくったとき、表紙の紙の裏が真っ赤になっている意味が分かるかと思っている。

そういう本なので、売る気もないし、売れなかった。それでいい本。
読んでほしくて作ったんだろ、と言うならそれはそれで嘘じゃない。
何故なら私は、いつも読んでくださる方に、あの夏の青空の向こうの話をしたかったから。

この辺りから、そういう気持ちで書き始めたし、本を作り始め、イベントに出始めたような気がする。

40冊作ってたどり着いた境地。
そしたら、思いのほか、雑音が耳につくようになって、どんどん気がめいってきたのだった。
書きたいけれど書きたくない、そんな気持ち。
posted by 神風零 at 11:18| 東京 ☁| | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする