2018年03月21日

#39 (改訂2)桜花一(戦前編)

桜花一戦前編.jpg


「桜花一(戦前編)」
オンデマンド/2015.04.19/文庫サイズ/148ページ

日の丸表紙のものから表紙も変えて、中身もいじくって再版しました。
細かい所を変えたのですが、大筋は変わらない。
神谷がちょっと外面いいかな?
純矢がしゃべらなくなったかな?という程度。

初号機が2006年で、二号機が2011年。そしてこの三号機が2015年です。
いつまでやってる(笑)
すっかりライフワークの桜花ですが、私としては色んな切り口から書こうと思えば書ける話なので、完結ってどういう形なのだろうとたまに思う。
一応大陸編が最後なんだけども。一哉兄ちゃんの話もできるし、山崎の兵学校時代、杉本の海兵団時代…総司やら百合子やら、いろいろやれる。知識さえあれば(笑)

この本を初めて並べた文学フリマ東京で、「お前みたいなのが戦争をするんだ!」と罵られました。
私一人で戦争ができるわけがない。
戦争は金がかかります。
国民全体が「騙されて」初めて戦争ができるのよ、って伊丹万作も書いてらっしゃったけ。
おっと、この手の話はしない、しない。議論したってオチがないものね。
「思想は好き嫌い」太宰の意見に賛成です(笑)
posted by 神風零 at 23:06| 東京 ☔| | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする