2017/06-1 北海道コミティア委託参加

6月25日の北海道コミティアに委託参加いたします。

Z33「大和雪原」

委託作品は、
坂の向こう
夏の淵
死者の日
桜花一戦前編
の四種になります。
リンク先から試し読みできますのでよかったらどうぞ!

「坂の向こう」は、カタログのリーダーズチョイスに掲載されるそうです。
どきどき…!感想を送ってくださった方、ありがとうございました!

見本誌に帯みたいなものをつけたくせに、販売の方は単純に袋に入れただけという、発送してから「なんか…逆じゃないかしら…?」と気が付きました…。
裏表紙にあらすじを入れてありますので、ひっくり返してみてくださいませ(泣)
posted by 神風零 at 19:23東京 ☀日記

#10 そうして僕は、神様を愛すのだ(桜花)

image1.JPG

「そうして僕は、神様を愛すのだ」
オンデマンド/2007.12.30/A5/32ページ

冬コミに持っていった本。
シリアスマンガ1本です。
神様をテーマにして、純矢・神谷・山崎のそれぞれの神様を描いた模様(笑)
神様=弱いものが縋る対象
ということで、純矢は神谷に、山崎は純矢に(命令しなければ死なない=自分の意図に反して死なない)、神谷は俺!的な…(相変わらずの神谷)

このころから、純矢があんまりしゃべらずに、大佐殿以外見ていない状態になっていきます。
posted by 神風零 at 10:55東京 ☀

#09 日の本の旗(桜花)

image1.JPG

「日の本の旗」
オフセット/2007.2.4/A5/28ページ

コミティアに持っていったのかな?
これ、徹夜した記憶がある…(笑)
二色刷りにてこずって、夜が明けた気がする…〆切の日の朝。
まだ若かったからできた、今は趣味でも徹夜はしない、仕事ではするけど(泣)

ギャグ四コマとシリアス短編マンガ。
だんだん純矢の口数が少なくなってきた感じ(笑)
怒るくらいはするんだけど、あとは無表情。杉本との絡みが多いなぁ。
そうでもしないとしゃべらないんだけども。

珍しく神谷が一こましかいない本でした。
posted by 神風零 at 13:11東京 ☀